ARTISTS DETAILS

アーティスト情報

CHIDA (Ene/Mascaras)

CHIDA (Ene/Mascaras)

仙台出身。東京在住のDJ/アナログ・レーベル"Ene"主宰。
1993年より都内クラブにてDJ/PARTY活動を開始。2009年には自身のインディペンデント・レーベル"Ene"を始動し、これまでに20タイトルの12"アナログをリリース。2011年以降、マイペースながら自身の楽曲やREMIXの制作にも力を注いでおり、国内外のレーベルからリリースされた作品は多方面から高評価を得ている。特に2012年にリリースされたAndrew Weatherallのミックス/コンピレーション「Masterpiece」へ処女作「Danca」が収録されて以降、ヨーロッパのみならず、アメリカ、中米、アジア全土からのオファーも増え、これまでに世界50都市以上のクラブやフェスティバルでプレイ。世界のクラブシーンにおいて聖地とされるベルリンのBerghain/Panorama Barでは、2016年春以来定期的にプレイし続けている他、同じくベルリンの名物パーティーCockTail d'Amoreでは2013年の初出演以来、日曜夜から月曜朝にかけてのロングセットをCHIDAソロの他, 5iveとのユニットMASCARASとして幾度となく行い、ハードコアなダンサー達から絶大な信頼を得ている。近年は制作にも力を注ぎ、オリジナル作はESP Institute、Jennifer CardiniのCorrespondantやDJ EMMAのNitelist Musicのコンピレーションに収録された他、リミキサーとしてEss O Ess, Coyote, Bezier, This Softmachine等の楽曲を手がけてきた。Mascarasでは、オリジナル曲がベルリンのCockTail d'Amoreのコンピレーションに収録され、近日デビューEPがリリース予定。Jonathan KusumaやMulti CultiのDreemsほか、海外アーティストのRemixも手がけている。2019年春には自身のEneも再始動し、Juzu aka MoochyことJ.A.K.A.M.のShadow DanceのリミックスをCrosspointとのダブルネームでリリースした他、CockTail d'AmoreとのダブルネームでJuan RamosとTrentによるGreenvisionのEPをリリースしたばかり。今後も自他の作品をEneや海外レーベルから続々とリリースされる予定。
また、2003年から2013年までの間青山LOOPにて開催していた伝説のアフターアワーズパーティーDANCAHOLICを、2017年より青山Zeroにて不定期開催で再開。ゲストにTIAGO、JONATHAN KUSUMA、HUGO CAPABLANCA、PLO Man、Powder、5ive、Shhhhhなどを招き、ソロで12時間越えのロングプレイにも挑戦するなど、精力的なパーティ/DJ活動を続けている。

PAGETOP